9/20 鈴が森の林道を越えて四万十へ。

このSW(シルバーウィーク)は四万十を訪れようと考えていました。
ここ数年、真冬しか訪れていなかったので、晩夏のこの季節にはどんな表情を見せてくれるのかな・・・そんなささやかな楽しみを胸に抱いていました。
ところが旅の少し前から体調がいまひとつ優れず、前日の9/19から5連休に入っていましたが一日出発を遅らせることに。
一抹の不安を抱えたまま、深夜2:40発の南海フェリーで和歌山から徳島へ向かいました。
a0118913_20115279.jpg

そして早朝5時前には徳島着。
いつもこの便で渡るけれど、かつてないくらい人と車が多かったのに驚きました。



四万十へはいつものように、高速をひた走って向かうことになります。
徳島ICから高速を走り始めました。
一日休養したおかげでだいぶ調子も良くなったな・・・少しホッとしながら走っていました。
吉野川と南国で二回の休憩をはさみ、7時40分に終点の須崎東ICへ。
a0118913_20121482.jpg

毎回ここで写真を撮っているから時間が分かるけれど、今回が最速でした(^^;

須崎市街からR197・梼原街道へ。
そこから山へ入って行く前に給油しておこう。
毎回立ち寄っているスタンドで給油していると、店員さんが何と私のことを覚えていました。
セローと一緒に給油してもらうMSRのボトルや、ハンドルのGPSで思い出したとのこと。
そういえば去年の2月のときは雪が降っていて、この先の道が大丈夫か心配で尋ねたっけ・・・そんなことを懐かしく思い出していました。
また寄りますね、と挨拶をして再び走り始めました。
a0118913_20123447.jpg


今日は最高のお天気で空気も澄み渡り、目に入ってくる風景はどれも美しく感じます。
そしてこれからどんな風景との出会いがあるのかな、と胸がワクワクします。
布施ヶ坂の道の駅を過ぎたところで国道に別れを告げて、四万十川沿いのr19に折れました。
今日は西土佐村あたりの四万十川の河原でキャンプの予定ですが、そこへは林道を経由していこうと考えていました。
それが、今年の2月に初めて走って気に入っていた鈴が森林道でした。
そこへは、このr19を3、40分ほど走らなければなりませんが、この県道の風景は素晴らしいです。
a0118913_20125242.jpg

それは派手な風景があるという意味ではなく、郷愁を誘うような、なにか懐かしい気持ちにさせてくれる道でした。
好天の中そんな道をたった一人走っていると、ヘルメットの中ではなぜか涙が溢れていました。
ここ数年ですっかり涙もろくなっちゃったなあ・・・でも、それは悪いことではないと思っています。

そして鈴が森の林道へと足を踏み入れました。
走り始めてすぐ、通行止めの小さな看板を見たような気がするけれど・・・見なかったことにしておこう(--;)
a0118913_2013968.jpg

緑のトンネルの中を、のんびりと進んで行きます。
今回はメッシュのジャケットにするか迷ったけれど・・・この間の北海道と同じ春用のジャケットにして正解でした。
吹く風は思いのほか涼しく、そして日射しは木々が遮ってくれます。

ブラインドのカーブも多いので、1速で止まりそうなくらい減速しつつ慎重に走りました。
そして徐々に高度を上げて行くと、視界も開けてきます。
a0118913_2013263.jpg


セローを止めていっぷく(-.-)y-゜゜゜
蝉の鳴き声も聞こえる中、あたりには無数のトンボが飛び交っていました。
上の写真の青空の部分に映り込んでいるのも、カメラのゴミではなくトンボです(笑)
a0118913_20134331.jpg


直前に洗車し綺麗にしておいたセローも快調で、ごきげんのご様子(^^;
距離のある林道を走るのも久しぶりのことだしなあ・・・。

峠への最後の上りに差し掛かると、光と影の美しい場所がありました。
a0118913_20135698.jpg


これもすべては、上空のお日様のおかげ。
前回来たときも良いお天気だったけれど、今日の秋晴れはさらに素晴らしいものでした。
それにしてもSWだというのに誰一人として出会わないなあ・・・(--;)
a0118913_20141016.jpg

無事に峠を越え、開けた景色を横目に見ながら下って行きます。
その途中、小規模な土砂崩れがあったけれど、バイクなら難なく通れる程度でした。
通行止めの看板はこのことだったのか・・・(^^;
a0118913_20142238.jpg


前回も撮った場所から。
これから向かう道が眼下に見下ろせて、この林道の中でも屈指の撮影ポイント?かも知れません。
といってもただの道端で、セローに跨ったまま撮っています(笑)

さらに下って行くと、道は再び緑のトンネルの中を走るようになります。
a0118913_20143888.jpg


時刻もお昼が近くなり段々と暑くなってきたので、木陰にセローを止めてひと休み。
ここも光と影、そして緑がとても綺麗。
道の脇を流れる清流で顔を洗うととても気持ちがいいです(^^)
a0118913_20145316.jpg


そんな感じで、のんびりと林道を走り終えました。
林道の終点でR439に合流。
ここから十和村の四万十川本流まで、酷道区間を南下するのですが・・・この頃になって、自分の身体の異変を感じるようになっていました。
[PR]
by shibainu15 | 2009-10-03 20:15 | 09.9四万十川
<< 9/20~21 四万十の長い夜... 晩夏の四万十へ・・・しかし。 >>