8/17 千歳へ。

a0118913_2337695.jpg

6日目、最終日の朝を迎えました。
空はどんよりと曇っているけれど・・・晴れてしまうと何だか名残惜しくなってしまいそうだったので、これはこれでいいかな(^^;)



a0118913_233721100.jpg

a0118913_23373237.jpg

a0118913_23374231.jpg

a0118913_23375198.jpg

これまで毎朝繰り返してきた出発の準備もこれで最後かと思うと、ちょっぴり寂しい気がします。
明日からは普通に仕事だもんなあ・・・。

セローに火を入れ、キャンプ場を出発。
まずは美深の市街地から、朱鞠内湖に向かうR275に入りました。
a0118913_2338126.jpg

a0118913_23381346.jpg

a0118913_23382438.jpg

新しかったブーツも、昨日のロングダートですっかり埃まみれに。
結局、幸いにも?この旅ではその防水性能を体感することはできませんでした。
a0118913_23383658.jpg

a0118913_2338518.jpg

a0118913_2339212.jpg

a0118913_23391792.jpg

a0118913_23392684.jpg

次第に天候も回復し、青空が覗くようになってきました。
なんだかんだ言って、青空が見えるとやっぱり気分も盛り上がってきます。
ところどころで立ち止まって風景をただボーっと眺めたりして、最後のひとときを惜しみつつ過ごしていました。
a0118913_23393877.jpg

a0118913_23394946.jpg

a0118913_23395885.jpg

朱鞠内湖畔からr251温根別方面に下り、そのまま温根川ダムを通るダート道道に抜けることに。
今日はもうちゃんとした林道を走るつもりはなく基本的には千歳への移動日のつもりなのですが、向かう方向にそうしたダートがあれば、やはり通ってみたくなります。
a0118913_234098.jpg

a0118913_23401826.jpg

a0118913_23402721.jpg

a0118913_23403689.jpg

a0118913_23404676.jpg

a0118913_23405424.jpg

今朝の曇り空が嘘のような真っ青な空の下、初めてのダートをワクワクドキドキしながら走ります。
ただそれだけのことではあるけれど、でもそれ以上の贅沢は必要ありませんでした。
a0118913_2341540.jpg

a0118913_23411719.jpg

a0118913_23412959.jpg

a0118913_23413973.jpg

a0118913_23414799.jpg

ひっそりと静まり返った湖畔のダート。
そこは思いがけず、とても素晴らしい場所でした。
結局、終盤に2台のバイクとすれ違っただけでした。
a0118913_2342259.jpg

a0118913_23421231.jpg

a0118913_23422149.jpg

a0118913_23423070.jpg

a0118913_23424019.jpg

a0118913_23424978.jpg

今年は例年になく好天の日が多かった気がするけれど、まさか最終日にこれほどの天気に恵まれるとは思っていませんでした。
このまま帰る、というかこの場所を立ち去るのが惜しい気がして仕方ありませんでした。
大した距離もないダートでこれだけたくさんの写真を撮っていることが、それを物語っているのかも知れません。
a0118913_2343084.jpg

a0118913_23431139.jpg

a0118913_23432186.jpg

a0118913_23433116.jpg

a0118913_2343438.jpg

a0118913_2344461.jpg

ようやくダートの終点に。
しかし、ちょっと走れば道は再びダートに切り替わり、犬牛別峠を越えていきます。
a0118913_23441553.jpg

a0118913_23442425.jpg

a0118913_23443832.jpg

a0118913_23444956.jpg

a0118913_234458100.jpg

こちらは打って変わって、木漏れ日と鮮やかな緑が美しい道でした。
もちろん、時折クラクションを鳴らしながらの走行になります(^^;)
a0118913_2345895.jpg

a0118913_23451898.jpg

a0118913_23452719.jpg

a0118913_23453794.jpg

a0118913_23454658.jpg

a0118913_23455796.jpg

a0118913_2346832.jpg

a0118913_2346224.jpg

その後はさらにr251を南下し、ダートが残るはずの維文峠へ向かったけれど、こちらは残念ながら舗装されてしまっていました。
a0118913_23463559.jpg

a0118913_23464467.jpg

a0118913_23465316.jpg

峠を下り切った旭川から、ついに高速に乗り千歳へ向かうことに決めました。
時刻はお昼を少し回った12時半でした。

あとは、流れの早い高速道を必死に走るだけでした。
過去には帰りの飛行機に乗り遅れそうになり、スロットル全開で走った年もありましたが・・・そうした過去の苦い経験を生かし、今回はかなり時間には余裕を持っています。
a0118913_2347369.jpg

3時前に、6日前の旅のスタート地点である新千歳空港ICに到着。
そしてそこから数分のところにある運送業者の倉庫に、無事帰還したのでした。
a0118913_23471829.jpg

a0118913_23473182.jpg

ここまで旅を共にしてきたセローとは、いったんお別れになります。
頑張って走ってくれてありがとう・・・心の中で、感謝の言葉を口にしていました。
あとはいつものように、リヤバッグだけ先に配送してもらう段取りをしてから、空港に向かいました。
a0118913_23474449.jpg

6日間ずっと、ほとんど“アウトドア”の生活をしてきたので物凄い違和感を感じます(-_-)
空港内にある温泉で旅の疲れと汚れを落として、大阪へ向けて北海道を後にしたのでした。

今年も相変わらず、贅沢とは無縁の旅だったような気もするけれど、心はじゅうぶんに満たされて旅を終えることができました。
まさか途中で宗谷に向かうとは、自分でも驚きの展開でしたが、でもそんな自由な旅ができるのも縛られないバイクだからこそかなと思います。
やっぱり、バイクで行く旅はいいよな・・・あらためて感じた、6日間でした。
[PR]
by shibainu15 | 2014-11-05 23:53 | 14.8北海道
<< ご挨拶。 8/16 霧の先に見たものは。 >>