8/14 屈斜路湖周辺の林道を走る。

a0118913_2029392.jpg

3日目の朝を迎えました。
昨日の疲れがいくらか残っているものの、ぐっすり眠れて体調も上々。
空を見上げると、今日も良い天気に恵まれそう。



a0118913_20291497.jpg

a0118913_20292658.jpg

a0118913_20293330.jpg

後片付けをして、セローのチェーンオイルを補給してから荷物を積み込みました。
今日は屈斜路湖周辺の林道を走る気満々なのですが、まずはダート道道のr1093・鶴見峠を越えて弟子屈方面に向かうことにします。
a0118913_20294271.jpg

a0118913_20295038.jpg

a0118913_2030060.jpg

r1093まではGPSを見ながら、農道を適当に走ります。
のどかな牧草地帯を吹く風はどこまでも涼しく、気持ちがいいなあ・・・。
a0118913_20301016.jpg

やがて、r1093のダート開始地点に辿り着きました。
初めての道ですが、地図によると13.5キロのダートで、終点でR241・阿寒横断道路に合流します。
a0118913_20302046.jpg

a0118913_20303015.jpg

a0118913_20303936.jpg

a0118913_20304923.jpg

展望を期待していた鶴見峠に辿り着く頃にはどんよりと曇ってきてしまい、ちょっと残念(+_+)
a0118913_20305885.jpg

a0118913_2031648.jpg

a0118913_20311512.jpg

a0118913_20312724.jpg

峠を下っていくと、やがて路面は土に変わり、色濃い緑の森の中を走るようになります。
日射しもほとんどなくなり、ちょっと怖いなあ・・・。
といっても道道なので、数台の車とすれ違いました。

終点でR241に合流した後は、まっすぐ弟子屈に向けて下りました。
弟子屈の街を抜け、R391を北上。
野上峠を越え、「水上林道・水砥林道」に行ってみることにしました。
ここも初めてですが、合計約15キロのダートになります。
そしてこの後、この日一番の楽しみである「日並林道」へ繋ぐつもりでした。
a0118913_20314076.jpg

a0118913_20314940.jpg

a0118913_20315930.jpg

a0118913_2032719.jpg

青空も戻ってきたのは良かったのですが、ひょっとして道を間違えてないか・・・?
ほとんど交通量がないことを伺わせる路面状況が続き、段々と不安が募ります。
a0118913_20321655.jpg

a0118913_20322445.jpg

a0118913_20323229.jpg

a0118913_20324165.jpg

ところどころで良く分からない分岐が出てきたものの、無事に水砥林道の終点でr587に合流。
ホッと胸を撫で下ろしたのでした。
a0118913_20325074.jpg

a0118913_20325872.jpg

a0118913_2033584.jpg

a0118913_20331492.jpg

小清水峠に辿り着くと、空は再び分厚い雲に覆われてしまっていました。
このお天気だと、開放的な風景の広がる日並林道に行っても仕方がないか・・・。
この先どうするか、しばらく途方に暮れていました。
そんな中で、自分の心の中にここから遠く離れた“ある場所”の風景が浮かんでくるのを感じるようになっていました。
a0118913_20332363.jpg

a0118913_20333259.jpg

とりあえずはダメ元で日並林道に行ってみるか・・・r102を北に向けて下り始めました。
しかし次第に濃い霧に包まれ、セローを止めて再び悩んだ末、先に進むことを断念しました。
いったい何をやっているんだろう・・・(^^;)

気を取り直して、「屈斜路湖畔林道」へ向かうことに。
湖畔の森の中を行く林道なので、曇っていてもそれはそれで風情があることを過去の経験から知っていました。
a0118913_20334429.jpg

22キロのダートに入る前に、腹ごしらえをしとこう。
何だか毎日、このおにぎりセットのような気がするなあ(-_-)
a0118913_20335422.jpg

a0118913_2034550.jpg

a0118913_2034139.jpg

a0118913_20342014.jpg

a0118913_20342875.jpg

ところどころに熊出没の看板があり、ビビりながら写真を撮ります。
道を挟んで湖の反対側は鬱蒼とした森が広がっており、いつ熊が出ても不思議ではありません。
a0118913_20343787.jpg

a0118913_20344664.jpg

a0118913_2034544.jpg

a0118913_2035180.jpg

a0118913_2035726.jpg

でも、その森を貫く道の表情は美しく、何度もセローを止めずにはいられません。
今日はこの後、弟子屈の街に戻って「桜ヶ丘森林公園キャンプ場」に行くつもりなので時間的な余裕もあり、のんびりと走りました。
a0118913_20351613.jpg

a0118913_20352343.jpg

a0118913_20353132.jpg

a0118913_20353971.jpg

午後2時過ぎに林道終点でR243に合流、あとはまっすぐキャンプ場に向かうだけでした。
かなり怪しくなってきた空模様の中、弟子屈の街へと向かったのでした。
a0118913_20354787.jpg

a0118913_2035578.jpg

テントを建て終える頃、小雨が降り始めました。
相変わらず、このキャンプ場に来ると決まって雨になるよなあ・・・(^^;)
a0118913_2036818.jpg

天気予報では、道東は曇りの日が続きそうでした。
今日行こうと思っていた日並林道がそうだったけれど、晴れの日に訪れたい場所がまだまだ他にあったのに・・・。
何気なく道北の予報を見てみると、こちらは明日以降晴れが続く様子。
小清水峠で思い浮かんだ“ある場所”・・・それは過去何度も訪れた、大好きな宗谷でした。

テントを叩く雨音を聞きながら、しばらく考え込んだ末に、宗谷へ向かうことを決めました。
もうちょっと早く決めていれば、今日のうちに少しでも北上できたのに・・・テントを建ててしまった今ではもう後の祭りでした。

夕食を済ませる頃には雨も止み、徒歩で近くの民宿の温泉に出かけました。
今日は昨日に比べたら、何だか地味な一日だった気がするけれど、それなりに疲れていたのでお風呂に入れるだけで本当にありがたいです。

テントに戻ったら、地図を広げて明日のルートを入念に検討。
そういえば一昨年も、急に思い立ってこのキャンプ場から宗谷へ向かったことを思い出しますが・・・あのときは余計な寄り道をしたりして一日では辿り着けませんでした。
その反省を生かし、明日は一気に宗谷まで走り切ります。
ただ、宗谷に辿り着いたとき、晴れてくれるかどうか・・・その不安はこれから先、ずっと抱えたまま走ることになります。
でも、決めたからには行くしかない・・・よな。
そう自分を勇気づけて、眠りに着いたのでした。
[PR]
by shibainu15 | 2014-09-21 20:36 | 14.8北海道
<< 8/15 1.日本最北端の宗谷... 8/13 2.25キロのダート... >>