8/13 2.25キロのダートを引き返す。

飽別白水川林道の終点目前にして突如現れた倒木に、我がセローの行く手を阻まれました。
冷静に考えるとこれを乗り越えるだけの度胸も技量も持ち合わせていなかったので、引き返すしかありません。
そういえば、さっき峠で1台のバイクとすれ違ったけど、あれは何だったのだろう・・・(^^;)
a0118913_21222484.jpg

今朝のフレベツ林道には戻らず、単純にこの飽別白水川林道の反対側の入口までだと約25キロ。
時刻は午後2時になろうとしていました。
さあ、引き返そう。



a0118913_21155996.jpg

a0118913_21161043.jpg

a0118913_21161869.jpg

a0118913_21162667.jpg

a0118913_21163436.jpg

a0118913_21164115.jpg

だいぶ疲れも出てきていたので、これは本当にしんどいなあ・・・と思う一方で、まったく別の感情も芽生えていました。
計らずもこの素晴らしいダートをもう一度走ることになったのは、ひょっとしたら幸運なことかも知れない。
a0118913_21165165.jpg

序盤の飽別川沿いの区間では、幅の広いフラットな路面が続き直線では4速まで使います。
そしてそこから峠に向けて上り始めると、2速までしか上げれない荒れ気味の路面に変わります。
刻々と変わる路面に合わせて、全身を使ってバイクを操ること・・・スピードは低いけれど、それこそが自分にとってのバイクの一番の楽しさでした。
a0118913_21165960.jpg

a0118913_2117760.jpg

a0118913_21171556.jpg

a0118913_21172312.jpg

見晴らしの良い区間まで上ってくると、もう先が読めるのでホッとします。
お天気が悪かったらこうして引き返すのもつらかっただろうけど、この青空、そして阿寒の美しい自然が魅せるいくつもの表情が、今の自分の心の支えになっていました。
とはいえ、やはり熊の心配が常にあるので、写真を撮ったり一服するときも周囲を警戒しながらになってしまいます(-_-)
とにかく、無事にこの林道を脱出しなければ・・・。
a0118913_21173361.jpg

a0118913_21174125.jpg

a0118913_21175037.jpg

a0118913_2117583.jpg

a0118913_211856.jpg

時間的な余裕もなくなりつつあり、焦る気持ちもあったけれど、こうして自分の好きな道を自由気ままに走れることのなんと素晴らしいことだろう。
そんな気持ちが、何度もセローにブレーキをかけさせます。
林道を出たらあとはキャンプ場を見つけてテントを建てたり夕食を作ったり、まだまだたくさんの仕事が残っているのは分かっているけれど、今この瞬間が何より貴重な旅の時間でした。
a0118913_21181641.jpg

a0118913_21182537.jpg

a0118913_21183376.jpg

a0118913_21184132.jpg

a0118913_21185054.jpg

a0118913_21185892.jpg

R240・まりも国道に合流する林道終点に辿り着いたのが午後4時でした。
今朝、フレベツ林道に入ったのが午前9時だったから、およそ7時間もの間この林道に閉じ込められていたことになります。
あ~、疲れたわほんとうに・・・。
さて、今日のキャンプ地をどこにするか決めないと。
あの倒木がなければ、昨年初めて泊まって印象の良かった「あかんランド丹頂の里」にしようと考えていました。
漠然とした今の考えでは、明日は屈斜路湖周辺の林道を走る予定で、そうすると今から弟子屈の「桜ヶ丘森林公園キャンプ場」まで行っといたほうがいいかなあ・・・。
地図によると、ここからだとどちらもほとんど同じような距離に見受けられ、悩みます。
目の前の国道を猛スピードで車が行き交う中、しばし途方に暮れていました。

15分近く悩みに悩んだ末、R240を南下し丹頂の里に向かいました。
このキャンプ場は立派な温泉施設が隣接しており、それが決め手でした。
今日はなんだかんだでダートを70キロ近く走っており、温泉で疲れを癒したい・・・。
a0118913_2119961.jpg

ひさしぶりに見かけた自販機の缶コーヒーで一服しながら、今日一日の余韻に浸っていました。
そういえばお金を使ったのは今朝、足寄の街で昼食のおにぎりセットを買って以来(笑)
a0118913_21191735.jpg

キャンプ場をいったん通り過ぎてすぐの市街地でセローの給油と買い物を済ませてから、キャンプ場に入りました。
時刻はちょうど夕方の5時になっていました。
今日は「要警戒」の大型テントが多いので注意深く様子を伺ったうえで、ソロのライダーのテントの隣に建てさせてもらうことにしました。
a0118913_21192615.jpg

a0118913_21193355.jpg

a0118913_21194176.jpg

a0118913_21194929.jpg

テントを建て終えたらサンダルに履き替えて、徒歩で温泉に向かいます。
夜はバイクを運転したくない自分にとって、温泉が隣接しているというだけでもう、そのキャンプ場は100点満点です。

疲れ果てた身体を温泉で癒したら、キャンプ場に戻って米を炊いて夕食の準備。
うっかりしていたのかおかずを買いそびれてしまい、常備している魚の缶詰とみそ汁だけの貧相な夕食になってしまいました(-_-)
まあそんなことはもうどうでもよくて、涼しい風に吹かれてとても心地よい夜でした。

寝袋に潜り込んで地図を広げ、明日の作戦を立てます。
明日もお天気が良ければ、屈斜路湖の北にあるお気に入りの「日並林道」に行きたいなあ。
その林道は今日の飽別白水川林道・フレベツ林道と同じくらい、楽しみにしていた場所でした。
その他の予定もいろいろ考えていたけれど、はっきりとまとまる前に眠くなってきてしまいました。
隣のテントの方がその隣のうるさいオッサン達に宴会に誘われている様子が聞こえてくる中、耳栓代わりのウォークマンをして、眠りに着いたのでした。
[PR]
by shibainu15 | 2014-09-07 21:20 | 14.8北海道
<< 8/14 屈斜路湖周辺の林道を走る。 8/13 1.阿寒のロングダー... >>