8/12 とりあえずは東に向かおう。

今年の北海道ほど、事前に何の計画もない旅はなかったように思います。
忙しい日常に疲れ果て、北海道のことを考える精神的な余裕はありませんでした。
これまでの経験から、無計画な旅の素晴らしさもじゅうぶん理解はしていたけれど、今年はいったいどんな旅になるのだろう・・・大きな不安を抱えたまま、出発の日を迎えたのでした。
a0118913_17445665.jpg

昨年までは前日に千歳に飛んで前泊していましたが、今回は早朝7時関空発の飛行機。
初めてのpeachに乗って2時間ほどのフライトが終わろうとする頃、眼下の北海道の川が茶色く濁っているのが見えました。
ちょうどこの前日まで台風が来ていたので、今朝の飛行機も飛ぶかどうかちょっと心配していたけれど・・・とりあえずは無事に北海道に上陸することができました。



a0118913_17445569.jpg

セローを預けてある運送屋さんに車で迎えに来てもらい、相棒とひさしぶりの再会。
スニーカーから、預けてあった真新しいガエルネのブーツに履き替えセローを目覚めさせました。
これから6日間の旅を経て、本当に無事にここに帰って来れるのだろうか・・・毎年、走り出すこのときは決まって不安にかられます。
でも、これまでの8回、共に走ってきたセローがいればきっと大丈夫。
そう自分を勇気づけて、新千歳空港ICから高速に乗ったのでした。

これから6日間の予定はほぼ白紙で、とりあえず初日の今日はどこに向かおうか・・・飛行機の中で地図を一生懸命眺める始末(^^;)
この時点で最北端の宗谷へ行くつもりはなく、昨年同様に道東の林道巡りをしようと考えていました。
そこで初日は移動日と決め、とりあえずは馴染みの上士幌町航空公園キャンプ場まで行こうか・・・先ほどのフライトの終盤にようやく決まりました。

道東道を東へ。
昨年と同じ占冠ICで高速を降り、r136をトマム方面に走って、r1030の幾寅峠越えのダート道道へ。
a0118913_17455564.jpg

今日は雲が多めながらまずまずのお天気。
もちろん、蒸し暑い関西とは打って変わって涼しく、とても快適です。
a0118913_17455470.jpg

a0118913_1746349.jpg

a0118913_1746062.jpg

昨年の最終日、降りしきる雨で薄暗い中を走ったのがまだ記憶に新しいのですが、今日は林間に射し込む木漏れ日を浴びて走ります。
車の通行量もけっこうあるので、スピードは控えめに。

峠を越えて南富良野町に下り、そこからはR38で狩勝峠に向かいます。
前にも後ろにも車の姿はなくマイペースで走れますが、スピードは出しても80キロくらいに抑えておきます。
セローはブレーキが弱いので、動物の飛び出しが一番怖いです。
a0118913_17465346.jpg

峠を下り切る前にr718に折れ、ロングダートのパンケニコロベツ・ペンケニコロベツ両林道の入口を横目に見つつ、岩松湖から「オソウシサラウンナイ林道」に入ります。
一昨年に鹿追側から入って十勝ダムに抜けたことがありましたが、岩松湖側から入るのは初めてです。
オソウシ川の濁流にかかる橋を渡ると、ダート路が始まります。
a0118913_1746418.jpg

a0118913_17465044.jpg

a0118913_17475416.jpg

a0118913_174839.jpg

まったく人気がなく、お約束の?クラクションを響かせながらの走行が続きます。
セローを北海道に送り出す前には、クラクションが壊れていないか真剣に確認していました。
それにしても、毎年怖い思いをしているのに、懲りずによくやるよなあと我ながら思いますが(-_-)、それでもダートを走るのは・・・ライダーにしか分からない気持ちなのかも知れません。
a0118913_1747214.jpg

a0118913_1747476.jpg

いつの間にか上空は分厚い雲に覆われ、薄暗い森の中を走るのは心細いです。
分かりにくい分岐が多く、行ったり来たりの迷子になりかけていましたが、ハンドル脇に装備しているGPSを頼りに鹿追方面を目指します。
a0118913_1748999.jpg

a0118913_1748848.jpg

無事に林道終点に出たのが午後3時前。
まだ初日だし、今日のところは無理せずあとはまっすぐキャンプ地に向かおう。

1時間弱で、上士幌町航空公園キャンプ場に到着。
「キャンプ場」を利用するのはちょうど一年ぶりです。
バイクとは離れてしまうけれど、ちょっと奥の静かに過ごせそうなところにテントを建てます。
a0118913_17481985.jpg

a0118913_17482871.jpg

新しいブーツはしっかりした作りで安心感があり、頼もしい限りです。
まだまだ綺麗だけど、この旅が終わる頃にはどんな感じになっているのかな・・・ちょっと楽しみだったりします。
a0118913_17475448.jpg

ひといきついたら、冷え切ったセローのエンジンが暖まり切らない距離にある温泉へ出かけます。
今回も贅沢とは無縁の旅になりそうな予感は十二分にありますが(^^;)、唯一といってもいい贅沢が、1日の終わりのこのお風呂です。
今日は早起きと初日の緊張で疲れ果てており、それはそれは最高の温泉でした。

自炊が何だか面倒なので、セイコマでお弁当を買ってキャンプ場に戻りました。
日が暮れるととても涼しく、快適な夜になりました。
バイクの近く、立派なテントが立ち並ぶ方からは賑やかな声が聞こえていましたが、こちらは比較的静かで良かった。
食事を済ませたら早々に寝袋に潜り込み、地図を広げて明日の作戦会議。
明日は2日目にして、再訪をとても楽しみにしていた阿寒の「フレベツ林道・飽別白水川林道」に向かう予定。
合計40キロを越えるロングダートになるので、無事に走り切れるか・・・一抹の不安を抱えたまま、眠りについたのでした。
[PR]
by shibainu15 | 2014-08-31 17:49 | 14.8北海道
<< 8/13 1.阿寒のロングダー... 北海道の旅を終えて。 >>